ドレスデン



トップへ

この町の歴史は11世紀迄さかのぼる。
旧東独で有るドレスデンは、エルベ川に沿って発展した商業都市である。
中世にはサクセン王国の首都として「芸術と文化の街」として栄えた。
1945年に街は空襲に会いほぼ全壊した。
1990年の東西ドイツ統一後は街の再建が急速に進み、聖母教会も寄付金で再建されようとしている。
人口約48万人、328キロ平方メートル。サクセン地方の首都、人口ではライプチヒに次ぐ第二の大都市である。
この日は3月だというのに雪がちらつき大変寒かった。


センパーオパー(オペラ劇場)


1901年から稼動しているモノレール。長さ274m。

ドレスデンの町を見下ろす。

展望台からの眺め。拡大するには写真をクリック。

モノレールの駅からの眺め。拡大するには写真をクリック。 ツヴィンガー宮
18世紀にサクセン王フリードリッヒ・アウグストによって建てられたバロック式の離宮。

拡大するには写真をクリック。


テレビ塔


聖母教会(再建中)


街灯

ブリュールのテラス

エルベ川に沿って船着場、公園などが設置されている。
拡大するには写真をクリック。 ドレスデンの夜景

拡大するには写真をクリック。