車両技術博物館 シンスハイム

Auto und Technische Museum Sinsheim

2010年10月

   


技術博物館シュパイヤーから40km程東に行った所に、もう一つ技術博物館が有ります。
規模は小さいですが、展示物はそれなりの物が揃っています。面積5万平方メートル3000点の出展品、その中でも超音速旅客機コンコルドやブルーフレームが見ものです。

車博物館だけあって、スポーツカーや軍用車両がずらりと並びます。
車に興味が有る人には面白い博物館です。

公式サイト




兄弟博物館 技術博物館シュパイヤー

超音速旅客機 コンコルド Condorde


1976年に製造され、14.771飛行時間飛んだフランス航空のコンコルドは、2003年にシンスハイムにやって来ました。
バーデンバーデン空港から陸路を使って運ばれてきました。
中は大変狭く、気分が悪くなるくらいです。
大きなジャンボも苦手ですが、こんなに狭い飛行機で、
しかもマッハ2.02の超音速で旅をしなければならない理由とは何でしょうか?

全長61m、重量はたったの78トン、シートは92席。
ジャンボに比べたら、まるで小型ジェット機です。

この日は10月でも朝は氷点下になっていましたが、
真っ青な空を背景に魚眼レンズで撮影したコンコルドは、
やっぱり格好良いです。



輸送時のビデオ

屋上から見たコンコルド

夜、駐車場からライトアップされたコンコルドを見る

狭いシート

窓は手のひらほど

コックピット

トイレと屋内に展示して有るエンジン

ロシア製超音速旅客機 ツボレフ Tubolev

コンコルドより早く2000年にモスクワから運ばれてきたSSSR-77112、このタイプの旅客機では、唯一旧ロシア圏外に有るツボレフです。

全長65.7m、重量85トン。最高飛行速度マッハ2.5。コンコルドよりも少し大きめです。殆ど飛ぶ事も無く、今ではあちこちの博物館や、飛行士のトレーニング用に使用されています。


コンコルドもそうですが、要するに超音速で旅をする必要は無いんですね。



輸送時のビデオ

博物館の屋根に設置されたツボレフ

ライトアップされたツボレフ

狭い

エンジンはロケットのようだ

コックピット

トイレと非常口

航空機

車両を主に展示している為、飛行機の数はシュパイヤーより少ないです。
中は座席を取っ払って、コックピットまで見れるようになっています。


左から、JU-52、ビッカース バイカウント、イリューシン18

コンコルドとツボレフ144

カナディアーCL-215

車両

車両博物館だけ有って、見渡す限り車が並んでいます。


車、車、車。

フェラーリ240AL、世界に6台しかない。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン。

1970年に時速1000km/hを記録したブルーフレーム

ドラッグレース用の車ヴィクトー

F1用車両

プロペラ付きミニカー

1910年の一輪車

上:第一次大戦中のインディアン、下:独製2輪

その他の展示物


独製機関車

MAN製船舶用エンジン 12600馬力

ミシン、こんなの家に有ったなぁ。

車のラジオ

軍用車両

軍用の車両と戦闘機が屋内と屋外に一杯。
税金の無駄遣い。歴史の一部かと思えば、見るに耐える展示物ですね。
戦争=技術進歩、でも有りますが。

遊園地

自動販売機

ここの自動販売機はなかなか面白いです。
稼働しているのが見たくって、2ユーロのコインを買いました。
高い買い物だと思います。


ビデオ

ホテル シンスハイム
Hotel Sinsheim

博物館の直ぐ隣に有るホテル・シンスハイムはなかなか綺麗なホテルです。
週末だったので、朝食込みでしか予約出来ませんでした。
普段の日であれば、朝食無しで89ユーロで泊まれます。
(朝食は隣のバーガーキングで‥。)

もっと安い所に泊まることも出来たのですが、ホテルからライトアップしたコンコルドが見たかったので、ちょっと目をつぶりました。

公式サイトへ