自然公園「マース シュバルム ネッテ」

Naturpark Maas-Schwalm-Nette

ドイツとオランダの国境にある自然公園「シュバルム ネッテ」は1965年に自然保護地区に指定されました。さらに1976年には895km2迄拡張され、自然公園「マース シュバルム ネッテ」と改名されました。

公式サイト 地図


ダールハイマー水車小屋。再建中。(Dahlheimer Mühle)



ここからはオランダの国境。


池。
古株に生えたきのこ。
1992年に倒れた大木。


ドイツ-オランダ間を走る電車。


ヴィラ ラキーの城跡 (Villa Raky)

ダールハイマーの沼/門衛舎宅



アメンボ  



この地域で一番高い丘、アルデ丘。中世、ここには防衛用の城壁があった。

侵食で根が剥き出しになった丘。

十字架

葉の落ちたブナの木
>



ブリュッゲン動物公園
NATOの英国軍の訓練所の直ぐそばに小さな動物公園がある。地元の動物をはじめ、世界各地から約130種の動物が集められている。懐かしいツキノワグマも居た!
拡大するには写真をクリック。
2004_1019_120941AA_thumb.jpg
2004_1019_121330AA_thumb.jpg
2004_1019_122536AA_thumb.jpg
2004_1019_123406AA_thumb.jpg
2004_1019_123518AA_thumb.jpg
2004_1019_124410AA_thumb.jpg
2004_1019_124538AA_thumb.jpg
2004_1019_125416AA_thumb.jpg
2004_1019_131042AA_thumb.jpg
2004_1019_132244AA_thumb.jpg



TOWANA プロジェクト
TOWANAはオランダとドイツの観光促進計画の一部である。ここでは降雨から河川の流れ、そしてその河口までの自然の水資源供給の縮小版が造られている。正にこの自然公園の縮小版である。

入口

トンボ


きのこが一杯   きのこサイトへ


エルンプター・ブルッフ
Elmpter Bruch

   1999年にニーダークルヒテン町の真ん中にアウトバーンA52が建設された。

交通量増加による自然破壊に歯止めを掛けるために、1995年から高速道路沿線のこの地区をビオトープ設置地域として、自然保護に力を入れている。
ドイツ人とオランダ人がここでジョギングしたり、自転車に乗ったりして週末を過ごす。勿論、出店やレストランは無い。
   
 シュヴァルム川。ベネコータ湖からオランダへ流れる  がまの棒


ハーリク湖 Hariksee

この湖は12000年から8000年にかけて起こった地殻変動によって形成された。
20ヘクタールと規模は小さいが、休日は散歩を楽しむ近郊に人と観光客で賑わう。非常に魚が多く、釣りを楽しむ人も多い。

  
     
 クレー家ヴィラ  釣りをする子供達  水車小屋を改造したホテル/レストラン
  


トュッシェンブロイヒ城 Schlos Tuschenbroich

ヴェッグベルグ町の南にある古い城跡。大きな池のある公園にはレストランも有ります。
庭などはかなり手入れされています。
   
 
春は結婚式の季節

池で釣りをする人

小人の飾りのある窓
雪の中のお城

2007年1月18日の暴風雨「Kyrill」
でなぎ倒された公園の木々。


風車小屋の修復完了 2018年5月

   
   
   
   




動物達

 
アライグマに荒らされた庭のススメバチの巣。可愛そうに。
 
隣家の庭に来ていたゴシキヒワ/Distelfink