フィンランド・オーロラ観望旅行

自然だらけの国

2008年10月8日-15日

   


とにかく何所へ行っても自然だけの国です。
退屈と言えば、退屈ですが、日本やドイツが忙し過ぎるのかも。

以下、その他もろもろの写真集です。

何所まで行っても同じ景色が続く‥。



家は何所でも赤茶で塗られている。

道路脇には郵便受けが並んでいる。

バス停も赤茶色。

トナカイが平気で道路を横断。


植物

こんな寒い所だから当然大輪の花など有りません。
苔や地衣類が岩や木に張り付いています。


地衣類


赤い苔

ひっそりと咲く小さな花


ケミヨキ川に映ったロバニエミの町


ジオキャッシングの時はびっしょりに濡れた地面を這い回って、靴下まで濡れていました。