自然公園「マース シュバルム ネッテ」

Naturpark Maas-Schwalm-Nette

ドイツとオランダの国境にある自然公園「シュバルム ネッテ」は1965年に自然保護地区に指定されました。さらに1976年には895km2迄拡張され、自然公園「マース シュバルム ネッテ」と改名されました。

公式サイト 地図


ダールハイマー水車小屋。再建中。(Dahlheimer Mühle)



ここからはオランダの国境。


池。
古株に生えたきのこ。
1992年に倒れた大木。


ドイツ-オランダ間を走る電車。


ヴィラ ラキーの城跡 (Villa Raky)

ダールハイマーの沼/門衛舎宅



アメンボ  



この地域で一番高い丘、アルデ丘。中世、ここには防衛用の城壁があった。

侵食で根が剥き出しになった丘。

十字架

葉の落ちたブナの木
>



ブリュッゲン動物公園
NATOの英国軍の訓練所の直ぐそばに小さな動物公園がある。地元の動物をはじめ、世界各地から約130種の動物が集められている。懐かしいツキノワグマも居た!
拡大するには写真をクリック。
2004_1019_120941AA_thumb.jpg
2004_1019_121330AA_thumb.jpg
2004_1019_122536AA_thumb.jpg
2004_1019_123406AA_thumb.jpg
2004_1019_123518AA_thumb.jpg
2004_1019_124410AA_thumb.jpg
2004_1019_124538AA_thumb.jpg
2004_1019_125416AA_thumb.jpg
2004_1019_131042AA_thumb.jpg
2004_1019_132244AA_thumb.jpg



TOWANA プロジェクト
TOWANAはオランダとドイツの観光促進計画の一部である。ここでは降雨から河川の流れ、そしてその河口までの自然の水資源供給の縮小版が造られている。正にこの自然公園の縮小版である。

入口

トンボ


きのこが一杯   きのこサイトへ


エルンプター・ブルッフ
Elmpter Bruch

1999年にニーダークルヒテン町の真ん中にアウトバーンA52が建設された。

交通量増加による自然破壊に歯止めを掛けるために、1995年から高速道路沿線のこの地区をビオトープ設置地域として、自然保護に力を入れている。
ドイツ人とオランダ人がここでジョギングしたり、自転車に乗ったりして週末を過ごす。勿論、出店やレストランは無い。
シュヴァルム川。ベネコータ湖からオランダへ流れる がまの棒
Tellerkraut クレイトニア・ペルフォリアータ これはなんだ?
公園の管理事務所には小さな養鶏場が有る
春はガチョウ達の産卵期。
晩夏はエリカが咲き乱れる
キノコが一杯 ブラックベリーも一杯
人の遊び心は何時の時代も同じ

森林墓地 Friedwald
05.2021

森林墓地の入り口。1本の木には20人は入れる。 青リボンは未だ場所が有るという意味。
ここで告別式が行われる。ヨーロッパでは日本の様に儀式にお金を掛けない。


ハーリク湖 Hariksee

この湖は12000年から8000年にかけて起こった地殻変動によって形成された。
20ヘクタールと規模は小さいが、休日は散歩を楽しむ近郊に人と観光客で賑わう。非常に魚が多く、釣りを楽しむ人も多い。


クレー家ヴィラ 釣りをする子供達 水車小屋を改造したホテル/レストラン


トュッシェンブロイヒ城 Schlos Tuschenbroich

ヴェッグベルグ町の南にある古い城跡。大きな池のある公園にはレストランも有ります。
庭などはかなり手入れされています。

春は結婚式の季節

池で釣りをする人

小人の飾りのある窓
雪の中のお城

2007年1月18日の暴風雨「Kyrill」
でなぎ倒された公園の木々。


風車小屋の修復完了 2018年5月





国立公園マイン・ヴェグ Nationalpark Meinweg

国立公園の真ん中にマハリシヨーロッパ研究大学が有る。
フランシスコ会修道院だった建物がマハリシ財団に買われて私立大学が設立された
何の為に建てられた物か不明
サンクト・ルドヴィク・チャペル
大学の敷地の外に有る小さいこじんまりとした教会

ルーゼカム - プ-ボシュベック自然保護地区
NSG Lusekamp und Boschbeek


ドイツとオランダの国境に小さな自然保護地区が有る。
動植物の生態を守る為に保護地区に指定された場所なので、大がかりなアトラクション等は無い。

見取り図 https://www.outdooractive.com ドイツとオランダの国境線
身を守る為に掘られた塹壕(ざんごう) ノルウー兵を祀る碑
野鳥を観察する為に建てられた小屋 ここで産卵する鳥達
奇麗に芝刈りされている
アリの巣 ごく普通の砂地の様だけど、ここは自然の砂丘。
羊の放牧 羊を見張る番犬
Leinkraut ホソバウンラン Heidekraut エリカ
小さな沼も有る。沢山のトンボが舞っている
Beringter Flammling オオワライタケ Birkenporling カンバタケ
Schichtpilz キウロコタケ Behangener Dungerling ワライタケ

エッフェルド城/Haus Effeld

オランダ国境にポツンと建っているこのお城は個人の所有物です。
エッフェルド家によって15世紀に建てられてから、ずっとこの一家が所有しています。
冬に庭の葉が落ちた時にしか見る事が出来ません。

地図

入口付近からの眺め 裏に回ると全容が良く見える
アヒルやガチョウが一杯居る アヒルのビデオ
お城の近くにはエッフェルド・バルド湖が有ります。
周りには個人経営のキャンピング上が有り、湖の近くまでは行けません。ゆっくり水鳥等を見ながら散歩をしたかったのですが、キャンピング場の会員しか入れないようです。
ここももしかしたらお城の所有物なのかもしれません。
オランダとドイツの国境 国境の境界線(オリジナル)
ハンドルを回すと湖について語ってくれる 木の実の様だが、リンゴだと思う
忘れ物 アリゾナのホースシューベンドを思い出す
散歩道はホンの僅かな場所だけ湖を横切る この小屋から鳥を観察できる。毛布も置いて有る
情緒の有る風景
オランダ国境の水車小屋"De Gitstappermolen" 何と読むのか分からない。自家製の食品を売っている。



動物達


アライグマに荒らされた庭のススメバチの巣。
可愛そうに。

隣家の庭に来ていたゴシキヒワ/Distelfink